発達障害コンサルタント

で講師として東洋医学と解剖生理学について関わるときに、

ホームページをきちんと立ち上げようと思いました。

すると今まで棚上げと先送りしていた内容にぶつかりました。

私がしたいことは何か。

業界の常識や枠組みにとらわれずに

自分の想いを形にする。

ホームページは友人の紹介で素敵な方に依頼をしています。

私のわがままでカメの歩みのように時間をかけて

丁寧に作成してくださっています。



人に何を言われるか

ここを相当気にしていた自分に気づきました。

クリアするためには、

自分の本質を探ることが必要でした。

今後も自分の本質に向き合い続けます。



治療ってその人を現します。

治療を受けた感想は

人それぞれになるのでしょうが

私自身は、人の生きる力に注目しています。

やりたいことが出来るからだを作る

未来に向けたからだ作りですが

起きている状況を

広い視野でかつ核心を見極めながら

整えている・・つもりです(笑)。



全ての人には

生きる力が備わっています。

ブレーキが生じていたら

生きる力が正常に働くように整えていきますが、

今回のホームページのように

時期が来るまで待つ姿勢も大事にしたいです。

生きる力を信じて整えて育てる。

人それぞれのタイミングで動きだせるように。



手ぬぐいとアロマスプレー
出張治療の道具は黒いリュックに詰め込んでます。
リュックを開けると、キラキラした袋が出てきます。


いがらし いつえ

人気ブログランキング

昨日の内容を加筆修正して掲載いたします。


以前ブログで書いていた小宮けい さんが主催する

発達障害コンサルタント養成講座が、

この度スタートいたします。


詳しくはこちら↓


発達障害コンサルタント養成講座



スマホなどでは見切れますが、

講師陣に私もいます。

これが見切れていない写真です(笑)。
端っこが安心する私は、見切れていても全く問題ありません
20180218180604062.jpg

担当は解剖生理学と東洋医学。

東西の医学を説明します。





これまで全ての経験が繋がって今があります。

解剖生理学も、東洋医学も、

一人の人間として経験してきたことも

治療家として関わってきたことも

総合力で向き合って作り上げる講座です。


そしてこの養成講座は、参加される皆様が

知識のみならず(もちろん多角的な情報なので知識も豊富です)、

総合的に判断する力を養う講座になっています。



私が講座を作り上げるときのテーマが、

参加される方のテーマと重なっています。



【人間力】を磨く場。

知識を通して、人徳に成長を促す。

学問の真髄が、この養成講座の底辺に流れています。




発達障害に特化した養成講座ですが

実は様々な子育ての悩みにヒントになる講座でもあります。


単発の講座参加のみも可能なようですので

よろしければご一読くださいませ。


いがらし いつえ



人気ブログランキング



今から20年前に、大学で微生物を学んでいました。

当時はバイオ技術の走りの時期。

特殊な能力を持った微生物についての研究が盛んでした。

私の研究室は、ただ存在するだけの微生物が、

土壌や水質にそして地球環境に大きな役割を担っている

ことを発信する研究を重ねていました。

個々に特殊能力があるかは気にしません。

存在する、そして量がある。

微生物が生きる。呼吸をし、栄養を取り込み、排せつする。

その代謝が、物質の循環に大きな役割を担う。


存在そのものが価値がある。

この前提をまずは大事にしたいと思います。




話を展開します。



この能力を用いて、地球あるいはその場の環境を変えたいとき、

バイオ系の方々は

特殊な能力を持った生物を新たに投入します。

私の所属していた研究室は

既存の微生物を活発に活動してもらうためには

何を変えればよいかを考えます。

バイオ系ももちろん環境要因は大事にしていますが、

【その場が、そもそも持っている能力を活かす。】

という意識を念頭に動かすという考え方でした。



この考え方を、私は実験を通して学びました。

そして、今、この考え方を大事にして治療をしています。


【その方が、そもそも持っている能力を活かす。】

同時に、もう一つお伝えするとしたら、

真剣に向き合って得られた感覚は

違う場でも活かす事が出来る。


微生物と人体。

西洋科学と東洋医学。

それでも同じ向き合い方です。




いがらし いつえ
ランキングに参加しています。ご協力よろしくお願いいたします。


人気ブログランキング

最初に結論です。

ご自身の身体を労わる。

ここに集中が原則です。



多くのおからだと関わって思うのが、

人間って、一番向き合わなければいけないことから本能的に逃げる

という性質があることです。

私は、片付け、収納の工夫、青色申告、

逃げたいものがたくさんあるので

こうしてブログを書いています。



セルフケアにおいては、心がしんどい時に

心にフォーカスはあまりお勧めしません。

人間は先ほど書いたように

本当に見るべき内容を避けてしまうので

心がしんどい時に感じている悩みが

本当に見るべきものとは限らないのが一つ。


あとは、身体の疲労が濃い時は

想像以上に判断が狂うのが一つ。

不安傾向も強くなります。

この時のからだは、例えると、

車がガソリンがなくて動かないのに、

アクセル踏んで動かないのと同じ。

そして、どこに原因があるかすら

考えることが出来ないくらい

疲れていると思ってくださいませ。



休もう。


子どもの習い事?

一人で行けないなら、休めばいい。


幼稚園のお弁当?

私はコンビニのお弁当が

皆の羨望の的になったケースを体感しています(笑)。



家の片付け?

私はもともとできません。

それが何か?






休む覚悟と「できない」と言う覚悟。



それができないと、疲労を益々蓄積します。

休んで良いよ!

その太鼓判が欲しければ

メールフォームより

治療のご依頼くださいませ。


なんなら、横断幕を作ります。

【只今絶賛休憩中。労り夜露四苦】

恥ずかしいから要らない(笑)?

ならば、堂々と宣言されてくださいませ。




いがらしいつえ



人気ブログランキング

自分のためにお世話になっている手法

量子場調整という手法で

小宮けいさんに定期的にお願いしています。


・鍼灸マッサージや気診気功ではないのか?

もちろんその方々にもお世話になっています。

治療家は、用いる技術を磨くことが大事ですが、

技術は目的ではなく手段です。


【自分のこれからのために、からだを知って、整える。】

「この手法面白そう」、「この方にお願いしてみたい」

という気持ちを、治療家モードよりも優先します。



・今回依頼した内容

小宮けいさんとは、電話で会話をしながら

問題の核になる部分を探ってもらい、

調整してもらいます。

今回は私が最近の出来事で気づいた

【深い部分にある不安感】がテーマでした。

不安感がとても深い部分にあるのを気づいた。

でも、その原因がわからないし

どう処理したらよいかわからない。

これが私の悩みでしたが、

けいさんがこの悩みに対して

【胎児の頃から、父親の期待に対して「優等生でないと」という強い意識に縛られている】と

指摘をくださりました。




・優等生であろうとしたことは「悪くない」。でも「もういいや(笑)」。

これが私の率直な感想です。

ちょっと最近の私ですが、

【嫌なものやイヤ】【できません】【苦手です】

の意思表示を明確にしています。

実はこれがずーーっと出来ませんでした。

自分の気持ちよりも、

あるべき正しさを優先する癖がありました。

と、自分では思っていますが、
きっと端から見ていたら
「いや、ずっとわがまま勝手で、言いたい放題でしたよ」と
言われると思います(笑)。

大事なのは、【私が何を封じ込めていたか】と感じています。
粗暴な言動は、この反動だったと思います。




・今までの思考パターンとこれから

小宮けいさんからの情報を受けて

今までの私なら

「あー、優等生になりたいと思っていた私が悪い、変わらなきゃ」でした。

今回は、「優等生になりたかった私、悪くないわ。頑張ってきたわ。でももう飽きたね。これからは本来の自分に戻ろうっと」でした。





「自分だって完璧でない。~しちゃいけないという縛りがいらない」

この言葉を電話で聞いたとき、新しい生き方を再認識しました。

私の基準の立て直しです。

困ったことに、勉強が好きで楽しいと思っていたので

20180117164953191.jpg
本日、この本を買ったのですが、

買った直後にこれらの言葉を頂き、

勉強が嫌いと気づいてしまいました(笑)。

本。。。


優等生ではない、自分の軸。

41歳の私を探す旅というと、

なんて自己愛の強い表現なのかと笑えますが、

「だってそうなのだもの、仕方ない」という気分です。

勉強はおそらくやります。

勉強は好きではありませんが、

点と点が頭の中でつながる時の快感が好きです。

勉強も目的ではなく、手段です。



・優等生になりたかったからこそ今がある。

父からの期待に関しては、
いかんせん胎児の頃からのロングストーリなので、
また、いつか書きたいと思います。
偶然にしてはこのタイミングなのかという気持ちがあります。
年末年始に、ここも含めた会話を父としたばかりでした。



これまでを振り返って、優等生になりたかったことが

今の私を間違いなく作り上げています。

この素地をどう活かすか。

作り上げたのは手段だったと信じます。

この先の自分探しは

出来ない自分を認める作業から始めます。



ご参考になれば幸いです。
いがらし いつえ


人気ブログランキング
ランキングのクリックで多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いいたします。