7月はいじめを取り上げました。
かなり断定的な表現で書き続けることは、
私といえども勇気がいりました(笑)。


それでも書きたかったのには、
特定の方々を思い浮かべてのエールでした。
そしてその方々と同じお悩み想いの方は
たくさんいるし、これからも
ネットに救いを求められる方々がいるだろうと
確信したので書きたいと思いました。



いじめは、終わった後も
回復に時間がかかる出来事だと理解しています。

それでもいじめから回復することは
人生が【いじめ】という出来事に制限されないために重要ととらえています。



いじめに限らず、対人トラブルでも
もって生まれた障がいでも
怒りやすいとかが家系レベルでの気質であっても
「それがあるから〇〇できない」という
リミットにはならないで欲しいと願っています。

人は学び成長でき、その中で得られた経験は、
生きる目的だし、喜びにもなると信じています。



「いじめがあったから、私は〇〇できない」
〇〇には、例えば「勉強のつまづき」とか
「人とうまく関われない」とか
「言いたいことが言えない」とかです。


確かに、いじめでは自信を根こそぎ奪われます。
だから、その言い分もわかる。

でもね、「そこを言い訳にして成長や学びを止めるのはもったいない」と
私は思うのです。

だから、いじめから回復してほしい。

いじめをなかったことにはできない。
でも、だからこそ、その先に進む勇気をもって欲しい。
このメッセージを伝えたくて書いていきました。





で、お母さんケアのカテゴリーにこの文章を書くのは
子ども達が、いじめから回復する勇気を持つには
親が勇気と覚悟をもつことが大事と考えるからです。

子ども達の回復と成長を親が願うことが
子ども達の勇気と覚悟に
大きなエネルギーを注ぐと感じているからです。



大人は世間体やご近所付き合いや
学校の先生、ママ友などと
上手くやることを考えてしまいます。

だから、子どもが悪いと言われたら
その流れに乗った方がラクなんですよね。
だけど、それは子どもにすごく失礼な行為なんです。
同時に子どもを大事に育てているあなた自身にも失礼な行為です。



「世間やあなたの付き合いに目を向けるのでなくて子どもに目を向けてほしい。」
こう指摘されたらドキってしませんか?
私はします(爆)。
子育てには自責の念、罪悪感満載です。



でも同時に、自分の体力が落ちていたり
自分の対人トラブルや悩みの渦が大きいときは
この負の感情が満載になって
「いや、子どもも辛いだろうけど、私も辛い」
となることを、常に理解しています。。。。


だからこそ、子どもと向き合うエネルギーのために
自分のからだを整えることが大事だと思うのです。


教育の専門家にいじめを相談して
「お母さんが、お父さんが頑張って守って」って
言われたとします。

もし、「わかっているけど、私も頑張っているしんどい」と感じたなら
そのしんどさがいじめからの回復にあたって制限にならないように、
お母さんのおからだを回復させて欲しい。


この事を伝えたいと思いました。




このブログは、読んでからだに効くセルフケアシリーズです。

【からだ】=心×身体×エトセトラです。
【からだ】=あなたです。

なのですが、子育てや介護の場面では

からだ=あなた+子どもあるいは親

という法則になります。



私は、クライアントさんと関わることで様々な成長をさせていただいています。
そこで得られた内容を還元してまた多くの方と関わりたいと思っています。
いがらし いつえ

※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。


人気ブログランキング
多くの方に読んで欲しいと願っております。クリックにご協力くださいませ。





気診ナビ
気を診て治療することに特化している、気診ナビ。ベースは東洋医学です。

現在、このスクールが東京でも開催されています。
どなたでもご参加できます。
今期は、治療家さんもお母さんも、学生さんもおられます。
アシスタントも兼ねて参加していますが、毎回新鮮です。

スクールでは、自分で自分の治療をして
練習を重ねていきます。
なので、専門家でなくても学ぶことの成果を体感できます。
開発者の先生は鍼灸師です。
一人一人回りながら、出来具合をチェックしてくれます。


ここに書きたいのは、スクールの宣伝ではなくて(笑)
(でもご興味ある方はフォームからご連絡ください)


この出来具合に一つの仮説を立てたことです。

先生のチェックを受けて、次の項目に行くときに、
スムーズにいく方と、いかない方がおられます。
その差に、お子さんの有無があるような気がしています。
それが私の仮説です。

子どもがいるだけで、治療が滞るのはなぜか?
母の母たる故の何かが大きく関連しているのかなと思いました。

そして、それは具体的に何なのでしょう?

私自身子育ての渦中ですので
客観的に把握し切れる自信はありませんが、
母が、母として無意識に背負う責任感や罪悪感、
努力や葛藤や不安感、そして子供への執着。
一言でいうと母としての悩み
これが、気の流れを滞らせているのではと思いました。
そして治療のみならず、母としての悩みは、
その人の人生全てのことにつながるのでは?
と感じたわけです。



となると、母って奥深い立場だなと。

子どもの年齢は関係ありません。
生まれた時から成長過程で
それぞれの段階で新たな悩みが生じます。
成長することで緩和できるものもあれば、
成長過程で増す悩みもあります。

悩みが堂々巡りだと、
からだを巡る気の流れにも影響を与えて
病や体調不良につながる。

これは人間の病の本質の一部です。

母になることは、おのれの問題に加えて
分身の子供の分までも
背負いやすくなるので
悩みの渦が大きくなるのだと思います。

母としての悩みが、
どのように整理できれば
お母さんが一人の人間として
生を全うできるのか。



整理できるし、手放せることはわかっています。
結論は見えているので、
あとはどのように目指すか
私自身のためにも探ってみようと思います。
いがらし いつえ





人気ブログランキング
実家のびわは小粒ですが、おいしいです。


現在はおからだにアプローチする側ですが、これまでは様々な治療と施術をたくさん受けてきました。

鍼灸や治療効果が高いマッサージ、温熱療法に整体、気功、量子的なものなどなど。
なので、ケアを受ける側のプロ(?)でもあります。

私が良いケアを受けた時の基準の一つが、味覚の変化です。術後に食べたいものが変わります。場合によっては量も変わります。術後に食事の量が減ったり、和食が食べたくなっていたら、正解。なんの正解かは、よくわかりませんが(笑)。


この体験をもとに、食べ過ぎや体型を気にしている方にむけて書きます。


疲れているおからだは、不思議なほどに味覚がマヒして適切な量もわからなくなります。しかも、よりによって疲れているからこそ、体がエネルギーを蓄えようとするので、太りやすい。このスパイラルに入ったときは、自制心を要するダイエットは有効ですが、リバウンドや挫折感と罪悪感が生じやすい方法でもあります。


。。。。。


なんか、損した気分になりますね。



疲れているときは、おからだをリセットして、一度正常な味覚や満腹量を思い出すことをお勧めいたします。

おからだの疲労は、かかった年月が長いほど簡単には回復しません。残念ながら、正常な味覚や満腹量は、やがて元の疲労した状態に戻ります。でも、この味覚と満腹感を定期的に覚えさせることで、挫折感や罪悪感が生じにくくなります。むしろ、食べる量が多いイコールからだのどこかに不調があるという視点に切り替えられます。この視点を繰り返すことで、食べ物や食べる量のことで頭がいっぱいになることから離れられます。

からだをケアした後に味覚が変わることはとても自然なことで、この変化を有効に使うことで、食べすぎや食べることへの罪悪感や恐怖心を減らすこともできます。同時に、適切な食事に向き合うハードルが低くなる。時間はかかりますが、リバウンドがなく、おからだの本質にアプローチできるのは、美容にも健康にも思考にもプラスに作用します。



おからだケアのカテゴリーで書きますが、全ての女性に有効です。
いがらし いつえ



人気ブログランキングちくちく手縫いが大好きですが、ミシンでざーと縫うのも好きです。