魚の目位置
魚の目でお伝えします。囲んだ丸の中央にあります。

魚の目 紫雲膏
紫雲膏をぬります。

魚の目第一荘
米粒サイズに調整したもぐさを魚の目の中央に乗せて、

線香で火をつけました。

いぼや魚の目は皮膚が変化しているので熱さは感じません。

いぼの場合もいぼの中央にのせます。

もぐさは焼きたい範囲のサイズに調整します




お灸の形は左手の親指と人差し指でひねりながら作ります。

難しければ、細長くひも状にもぐさをひねってから、

適量な大きさにひねって分けます。


魚の目第一荘終了
一つ目が終わったら、

その上からもぐさを乗せて再び火をつけます。

灰が数個分重なったら取り除いて、同じ作業を繰り返します。



魚の目多荘灸
50回ほど繰り返した跡です。

ほとんど痛みや熱さを感じません。

黒く見えるのは灰の色です。

ただし、数日かけて茶色が濃くなります。

患部の皮膚を焼き切りますが、やけどのような水ぶくれはおこしません

一度に数十回お灸を行い、いぼの場合は1週間前後に1回で良いです。

魚の目の場合は痛む場所を調整しながら、週に2から3回ほどです。



お灸直後にとれた
今回は数時間後に魚の目の芯第一弾がとれちゃいました。


魚の目の芯を取り切るには

他の治療法と同様に時間がかかります。

魚の目がしつこい場合は3ヶ月が目安です。

ウィルス性いぼも、

大きい場合は1ヶ月半から2ヶ月ほどかかります。

それでもきれいに治ります。

どちらも痛みがある場合は、全身で痛みをかばっているので、

体のゆがみケアがあるとより早く治ります。



お灸の注意事項は、以前の項目と同じです。
いがらし いつえ




人気ブログランキング

ウィルス性いぼと魚の目の実際

ウィルス性いぼと魚の目に必要なお灸道具