治療は東洋医学をベースにしていますが、

現代科学の恩恵も遠慮なく活用したいと思います。

私が痩せたいという依頼に対して

どの臓器に注目するかというと

肝臓とすい臓になることが多い。


どちらも消化酵素を含む消化液を作り出します。

東洋医学的に判断していますが、

生理学的に見ても合理的な判断かなと思います。
ちなみに胃腸は、消化管です。
酵素も分泌しますが、消化する場として大事です。





・肝臓は、物流拠点+加工工場のような役割があります。

胃腸で消化吸収された栄養のほとんどは
血液を介して一度肝臓に集まります。
肝臓の中で形を変えて再び血液に放出します。
必要がない場合は蓄えます。
形を変えることを代謝と言いますが
肝臓の代謝機能を利用して
胆汁やホルモンを作ったり、
ビタミンやアルコールを分解します。
※ビタミンを分解することで代謝をサポートしてもらいます。



・すい臓は、消化酵素を作り出す場です。
同時に血液中の糖濃度をコントロールするホルモンを分泌します。
すい臓が作る消化酵素は
三大栄養素全てに関わります。

つまり、肝臓とすい臓は
体内に入ってきた食べ物と密接に関係します。



セルフケアでは、

肝臓とすい臓と関係するツボにお灸も大事ですが、

この臓器を日常生活でどう労われるかを探っていきます。

治療ではこの臓器に焦点をあてます。



そして、盲点になりやすいのが婦人科疾患です。

因果関係が科学的に証明されるかはわかりませんが、

婦人科のトラブルがある場合は

体が痩せにくいと感じます。


やはり、肝臓とすい臓を念頭に置きながらも

決めつけずに体にきいて判断したいと思います。


いがらし いつえ

人気ブログランキング



子どもの偏食に関して偏って書いてみます

好きなもの、嫌いなもの、摂るか控えるか