ブログの感想をいただきました。

そのお返事で書きたかったことが、

最近多くのクライアントさんと話すことと共通しているので

個人的なお返事なのですが、ブログで書いてみます。



ご丁寧な感想をありがとうございました。

いつもありがたく拝読しています。

自分を冷静に見つめることは、実は私も難しくて

何が私のよさなのかは、ぴんとは来ません。



私自身は深く考える気質ですが、

ピコーンとくる浅い思いつきも常にあります。

色んな気質を相手に合わせて見せてもいるでしょう。



クライアントさんに対しては

丁寧でありたいなと思っています。

言葉づかいや、態度というよりは

誠実な気持ちを大事にしています。

では常に万人に対してそうかというと

残念ながら対極の場面も出てきます。



40歳を超えてから

自分の立ち位置を考えます。

治療の世界では、まだ若手です。

しかし世間的にはおばちゃんです。

「おねーさん」と呼ばれるには厳しい年代です。

やはり【いい大人なんだから】の【いい大人】だと

自他ともに認める年代になりました。

で、そういう年齢の女性に対して

「大げさ」とか「あなたも悪い」とか

「いい年して」とか言われたら

そもそも、その言い方が【いい年して】失礼です。

相手に対して丁寧な場合は、

それらの言葉は出てきません。

なので、その相手の発言は

全く相手にしなくて良いと思いますが、

それでも私が言い返すとしたら、

40を超えた私から次の言葉を聞くことになります。

【 うるせー、バーカ。  】

そして、走れなくなったこの体で逃げます。


いや、実際にはまだしたことがありません(笑)。

でも、それぐらいの切り返しをする覚悟は

水戸黄門の印籠のように

大事に隠し持っていても良いと思うのです。

いつでも「うるせー、バーカ」と言える。

そして言わなくても良い(笑)。

このアイテム「いつでもばーかと言える」を手に入れてから

私は少し強くなりました。

そして多くのクライアントさんが

この言葉で「ブッ」と笑います。

そしてからだが緩みます。

だから、あながち外れていないと感じています。



十数年前、もしあなたがそれを言えていたら

「ほんと、失礼しちゃうわ(♯`∧´)」って言えてたら

今の堂々巡りの傷はきっと少ないと感じました。

今からでも遅くありません。

「やっぱりあの時のあの人失礼なのよ」って

ご家族で言い合ってくださいませ。


そして、20代の女性に対しても

「いい年して」は、ご家族であっても客観的には失礼です。

苦しいものは苦しいのですよ。

イヤなものは嫌なのですよ。

その気持ちをきちんと吐き出させないで

「家族なのに、何?バーカ」です。



と、ご家族に対して大変失礼な言い返しをしてしまいました。

よろしければご参考までに。

これからも応援しております。



「バーカ」と言う伝家の宝刀を隠し持っている私に、
最近、家族が「バーカ」と言ってきます。
返す言葉がございません *´~`*
いがらし いつえ




人気ブログランキング

ヒートテックから腹巻再発売

考える気質