20170604225459183.jpg
この数日、色々な人と会いました。

古いお付き合いと、深いお付き合い。

質と量ともに濃い時間をいただきました。


「メリーさんといえば羊」。

いや(笑)、何かというと

私といえば何?というシンプルさで説明するなら

いがらし いつえといえば

ま、全てが雑なのでアプトプットは違うかもしれませんが('◇')ゞ、

「考える人」なのかもしれません。

本当はね、「わくわくにフォーカス」とか格好つけたいの。

うん、意味がわかりませんね。


でもこの数日「考える」がテーマでした。




「考えすぎなんだよ」

この言葉を人生に何度聞いたことでしょう。

言われるたびに傷ついていました。

考えることが悪いことなのかと。

考えることがやめられないのに、

考える気質を否定していました。




そして先日友人から言われました。

「いっちゃんってさ、考えすぎなんだよってずっと思ってきていたのだけど、それで良いんだよね。昔はだからしんどいんでないの?って思っていたし、実際そうだと思うのだけど。今は、すっきり考えている。だから、考えていいんだよ」

と言われた気がします(笑)。
嬉しすぎて正確な文言を忘れました。
雑ですみません。



人間ってそんなに変わらないのですね。

よくも悪くも。

実際に治療でからだをみていて

知性の人は知性だし。

ピュアな人はピュア。

何を悩んでいても。何年たっても。

だから、その気質がイヤでもあきらめましょう。

いつか、その気質に違う意味を持てるかもしれないから。


考える気質は健在です。

考えることで、クライアントさんに意見を言えて

人間のからだの可能性について探れます。


私は考える気質だし、

同時に知ったことやわかったことは

出し惜しみが無意味と感じています。

だから書きます。

私が書くことは、要らない人にはかすりもしません。

でも、トンネルの中で手探りの方には

ヒントになるかもしれません。

だから書きます。

考える気質。この特性を健全に活かしたい。


治療の同期達は今も私を同じように可愛がってくれて
私の良さを引き出そうとしてくれます。感謝。
いがらし いつえ




人気ブログランキング

大人の女性に贈る、心の防御術

自営業の方々の体をみて思う