FC2ブログ

このカテゴリーを書いている時に

「?」と思った事例がありました。

検証を重ねたり、

新しい視点を得たいなと思っているのですが、

発達障がいと診断された子ども達の

食へのこだわりとか偏食って

丁寧に探る価値があるだろうなと感じています。



本当にお腹がすいているのか?

この「偏食時の基本」がここでも当てはまるのですが

何を満たすために「お腹がすいた」というのか

というのが、今私の着目点です。



例えばの事例です。

自閉症スペクトラムと診断された子どもちゃんです。

でもすごく賢いし、きっと私をすごく観察している(笑)。



このケースでどう掘り下げたのかを書いてみます。


胃の動きが悪い。

胃の経絡が通る筋肉の動きが硬い。

で、お腹がすいたという。

何が食べたい?何を食べていない?

【摂りすぎ、あるいは、足りない。】

この原則を念頭にもう少し掘り下げる。

不安を感じた時に「おなかすいた」って言っていない?

胃の経絡上の筋肉の可動域が

本来持っている柔軟性よりも、

私の指示に対しては反応が悪い。

この子どもちゃんは触らせてくれますが

それでもガードが生じる。

イヤ?緊張?不安?

それらはどのように生じる?

解消できる?
などなどです。







今の段階での仮説ですが、この子たちのからだは

脳よりもお腹、

もっというと腸に反応が出る場合が多いのです


発達障がいの機序って何となく

脳の信号系統のミスなのかなと思っていました。

でも、お腹の冷えや消化機能の低下が治療対象です。

ならば、この分野からのアプローチも可能なのかと

感じています。


それで、先ほどの事例に戻って

この子どもちゃんとは

「野菜を食べよう」を合言葉に

治療を終えました。

炭水化物の量に対して

野菜の量が少ない。

お母さんはでは以前の治療でたんぱく質不足からくる

エネルギー不足かなと思ったのですが、

子どもちゃんにはまず

「野菜」をお伝えしました。

葉っぱ。緑黄色野菜。


次回が楽しみです。



今の時点では本当に仮説です。
でも、悩んでいる方のヒントになればと書いています。
ご参考までに
いがらし いつえ


人気ブログランキング

障がいがある子どものお母さん

子どもの偏食に関して偏って書いてみます