いじめは、

相手が苦痛と感じたらいじめとなるそうです。

自分の子どもや、あなたが

「いじめた」と言われて納得できないとき

どのように対応しましょうか。



いじめに限らずですが、早期に適切に対応する。

これに尽きると思います。

必要なのはやったことの謝罪のみです。

事実の確認を行い、

具体的な内容のみに謝罪をします。

論点は、そこだけになるように気を付けます。



子どもの人間性や、親の子育てに関しての批判が

相手からくりだされる。

これが一番怖いですよね。

誰も傷つきたくないですから。

そういう時は、あなたにも

あなた自身や子どもを守る権利があることを

忘れないでください。

起きた事実に謝罪すること以外は

いじめで苦しんでいる子どもや保護者と

同じ立場にあることを

強く信じてほしいなと思います。



いがらし いつえ

※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。



人気ブログランキング
多くの方に読んで欲しいと願っています。クリックにご協力くださいませ。

子どもは皆頑張っている

いじめと不登校が起きた原因を見極める