FC2ブログ

解決のキーパーソンは一つ上の立場の人

このように俯瞰した視点で見ていくことが

対人関係の悩みを解決していくときに

非常に大事になります。


皆さんが思っているよりも多くの場面で、

集団の雰囲気や習慣が

状況を苦しくさせている場合があります。



いじめや不登校の場合は、

親のしつけや教育や子育てが

やり玉に挙げられます。

確かに親の影響は大きいのですが

不登校がいじめによるものならば、

不登校はいじめが解決されることが大事です。


そして

いじめが学級崩壊で起きているならば

クラスの運営が立て直されることが大事です。


あるいは

学校が長年の地域の伝統から

クラス運営に不文律の雰囲気があったり

保護者が原因を見極める勇気を持たない場合は、

そのテコ入れ(書いているだけで、負荷を想像して気が遠くなる。。)が大事
です。


繰り返します。

いじめによる不登校は、いじめが問題。

学級崩壊によるいじめは、学級崩壊が問題。

地域性による学級崩壊は、地域性が問題。


当事者同士がどっちがモンペとか、

全く解決に必要ない視点です。




この俯瞰図は把握しにくい。
渦中にいる場合は子どもや保護者が問題と責められるし
罪悪感も起きるので、棚に上げることが難しい。
でも、棚に上げて苦しさを招いた温床を見極めましょう。
私ごときですが(笑)、太鼓判を押します。
いがらし いつえ

※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。



人気ブログランキング
多くの方に読んで欲しいと願っています。クリックにご協力くださいませ。



加害者とされたとき

傷ついた心を先送りにしない