FC2ブログ

いじめが起きる状況を理解するために

少しだけ俯瞰した時に見える構図を説明します。


対人トラブルすべてに当てはまることですが

なぜ対人トラブルが起きるかは

その場をコントロールする人の能力が低い、

もしくはその場が機能していないからです。



気の流れを読んでいると本当によく理解できます。



いじめに関して、まとめます。

クラスの中で起きている場合、

これをコントロールするのは担任です。

担任が役割を果たさないために

子ども同士が互いに糾弾、批判を行い、

いじめの温床を作ります。

そして、いじめが制御不能になります。

と、書くと担任が全て悪くなりますが、

そうではありません。

担任が一人で背負うのは無理です。

担任の問題と、組織としての問題があります。

担任のキャパを見抜けない、

あるいは本当の意味で手を差し伸べない

学校の組織体系の問題です。

管理職や、その集団の問題です。

そして、学校に意思決定を通達するのは

教育委員会です。

教育委員会は

文科省や自治の上長の影響を受けます。


一つ上の立場が

場の方向性を決めます。

もちろんその場を形成するメンバーの相性や雰囲気もありますが、

解決のキーパーソンは一つ上の立場。


この法則だと

やはり、子どものいじめは大人の問題です。



対人関係全般に。

当事者同士のいがみ合いは

全く不要で不毛なエネルギー交流です。


多くの人に気づいてほしい。

そして、これが理解できると

誰が悪いとか簡単には決められないこともわかります。

同時に、解決に向けて冷静になれます。

双方がテーブルにつけるのです。




今回は結構大事な内容と自負しています。
多くの人に広まれー。
いがらし いつえ
※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。



人気ブログランキング
多くの方に読んで欲しいと願っています。クリックにご協力くださいませ。

いじめの渦は見えない。

いじめで責める責められるを整理する。