FC2ブログ

読んでからだに効くセルフケアシリーズです。

いじめに関して整理していきます。

いじめの渦中にいる子どもさんと

保護者の方に読んで欲しいと思います。





いじめは重度の対人トラブルと理解しています。

いじめの定義は年々変化しています。

文部科学省の定義では

いじめられたとする児童の気持ちを重視するようになりました。

児童だけでなく、全ての場面で起きる内容だと思います。



いじめは、人の尊厳の問題です。


つまり

あなたらしさを形成する

無意識のバリアが壊されて土足で踏み込まれたときに

精神的な苦痛を感じることがいじめだと思います。





あなたにはあなたらしく生きる権利があり

あなたの人生を成長させる権利があり

あなたをあなたが愛する権利があります。

幸せに感じる権利があります。



これらを否定する権利は

保護者も

友達にも

教師にも

あなたにもありません。



いじめで失われるのは

当たり前の権利を主張する勇気です。




でも、知ってください。

あなたには

あなたの人生を健全にまっとうする権利があります。




いがらし いつえ
※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。



人気ブログランキング


いじめで加害者を糾弾するよりも大事なことは

子どものいじめが親にも影響を与える