【いじめや不登校へのアプローチとして、
保護者のからだを整えるアプローチがある】

この事を、前回お伝えしました。


子育ての悩み全般に通用します。

引き続きいじめ、不登校を取り上げます。

その背景は全く異なります。

でも、保護者が陥る思考パターンがあります。



私のせいでこうなったのかしら?

私の育て方が悪いからかしら?



まずは罪悪感を解除します。

罪悪感では何も解決しません。





そして、次に

いじめ、不登校は共に子どもの問題ですが、

解決に向けて親が動く覚悟が必要です。


この覚悟が、とても重要です。

罪悪感含め、

従来の思考パターンが全く通用しません。

何度も何度もそぎおとしが必要になります。




根底にあるのは、

【子どもの未来を守る】です。

あなたや、大人の不安を解消するためではありません。



でも、あなたの不安にも理由があり、

あなたの罪悪感にも理由がある。

覚悟はあなたに余力あってこそ。



だから、あなたのからだを整えることは

あなたの正当な権利でもあります。


いがらし いつえ
※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。



人気ブログランキング多くの方に読んで欲しいと思います。クリックにご協力くださいませ。


子どものいじめが親にも影響を与える

いじめ、不登校、心の苦痛を考える