FC2ブログ

手ぬぐいとアロマスプレー


診断名がついているお子さんの依頼と、

何となく気になる状態での依頼とあり、様々です。



結論としては、大人同様に

どんな状態でも、お悩みにでも対応しています。




少し説明していきます。


風邪や花粉症など短期的な症状

けが(骨折、捻挫)のリハビリ

側弯症

診断名のついた障がい

発達障がいや自閉症スペクトラム


など。


頭痛が起きやすい

夜尿症

など、身体的な症状がある場合など。




不安感が強い。

いじめに苦しんでいる。

不登校

など、漠然としているけどつらい状態。


いじめ、不登校は、初期の対応が重要です。
初期に治療をしろと言っているのではなくて、
解決に向けて早く動いたほうが良いということです。



・「対応している」=「治る」ではありません。
・お子さんのみの治療も可能ですが、お母さんの治療も提案する場合があります。




お子さんの治療は、気診ナビをメインで行います。
治療以外で気を付けることを本人と、お母さんにお伝えします。



良ければ、このカテゴリーをお読みくださいませ。
いがらし いつえ




人気ブログランキング多くの方に知って欲しいと思っています。クリックにご協力をお願いいたします。

エイジングケアはすべての年齢で

東洋医学は結構万能です。