FC2ブログ

鍼灸やマッサージというと

肩凝りや腰痛などの

整形外科的な疾患を対象するようですが、


それはほんの一部です。



東洋医学しかない時代、地域では

あらゆる症状を診ていました。

その技術は知識は、

西洋医学が普及した現代は

後継者が少なくなっているのは

残念ながら事実です。



でも、整形外科の範囲のみならず、

風邪も、睡眠障害も

胃痛や、不妊に産後うつも

東洋医学は向き合った歴史があります。





気診ナビでは、

引経報使と言って、

全ての情報を経絡の作用に当てはめて理解し、

法則に則り処理します。

これは東洋医学が、

万物を陰陽五行に当てはめることができる

という、分類法則と同じです。



なので

どんな体の状態でも、どんな悩みでも

東洋医学は対応できると感じています。




一つ気を付けてほしいのは、

『対応できる』は『治す』ではないことです。



治った場合もあるし

東洋医学では治せないもの、

時間を要するものもあります。

でもどの状態にも対応しているのが

東洋医学だということを

ご理解いただけたら嬉しいです。





いがらし いつえ



人気ブログランキング多くの方に読んで欲しいなと思います。クリックにご協力くださいませ。

子どもの治療で対応しているもの

リニューアル進行中です。