前回、治療とカウンセリングは異なることを書きました。


誤解してほしくないのは、

話を聞くのは、大好きです!


特に治療を通して聞くことは

全く苦になりません。


もちろん眠っていただいても構わないし、

必要ならば、治療後に話だけ行います。



私は、治療を通して会話で

無形文化財のような美しさを感じることがあります。





わからないだろうな、この感覚(笑)。




でも、多くのクライアントさんと

何度も作り上げてきました。

だから、わかる人たちもいる(ハズ)。


そして、このことが私の治療の特徴でもあります。

それを、他人に伝えるときに

スピリチュアル的なとか

占いとかみたいと伝えざるを得ないのも

やむを得ないのですが、

私は、やはり治療を通してしか

この感覚に至らないので、

治療という手段は必須です。



不思議なのですが、

クライアントさんとのやり取りに

美しさを感じ

十分満足しているので、

治療をしていない時間での

お悩み相談が苦手になってきました。

ただ聞くだけはエネルギーを消耗します。




そして治療を介しての会話で

心が十分満たされるので

人付き合いが悪くなりました(笑)。

と、書くと、私がまるでクライアントさんのエネルギーを
吸い取っているかのようですが、治療も会話も相互作用です。
いがらし いつえ





人気ブログランキング


治療がうまくいかないとき

営業時間のご案内と、キャンセル料、外国の方について