20170604225459183.jpg
連休の横浜。
帆船は見ているだけでわくわくします。


昨年度5月、多くのお母さんのお体が

ママ友トラブルによる疲労があり

記事におこしました。

5月にママ友トラブル。

新年度がリセットされずに

前年度の何かを引きずる頃と感じました。



いじめ、同じ流れが起きると思います。

クラスが新しくなっても

前年度の終盤の何かを引きずり

その関係からやがていじめに発展する。

夏休み前後はそのターニングポイントな気がします。


なので、記事を集中して掲載します。
初めての連載です。


いじめを未然に防げるなら未然に防ぎ

起きているなら

心のダメージを最小限にする。


心のダメージが長引いている場合は

夏休みを回復にとことん充てる。



このタイミングでまとめて書くことが

渦中のお子さんと保護者さんへの

エールとなることを願います。




いじめに焦点を当てますが

人間関係で起きていることは

全ての対人トラブルと共通しています。



親子関係、職場の人間関係、ママ友トラブル

悩んでおられる方もご参考にしていただけると幸いです。


時間があるときに書いているので、順不同です。

でも、流れるテーマは同じ(はず)


東洋医学を学び気の流れを整理する治療家が書くとこうなる。
ご参考にどうぞ。
いがらし いつえ


※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。





人気ブログランキング
多くの方に読んで欲しいと願っています。クリックにご協力くださいませ。

読んでからだに効くセルフケアシリーズです。

【からだ】=心×身体×エトセトラです。





二児の母です。

子ども達は

お世話になった園で、

自己肯定感を育てることを

大事にしてもらいました。



私たちが子どもの頃、

自己肯定感って言葉ありました?

重要視されてました?


何とも素晴らしい概念です。

でも、その恩恵を受けていない私達には

凄くハードルが高い概念だなと思います。






というよりも、

自己肯定感を育てられない私は、

母としてダメだとか。

これを育ててもらえなかった私は、

親のせいだーーー。とか。






気診ナビでは

からだの情報を

一つ一つのステップで確実に

処理することを求められます。

飛び級もあるのですが、

それは手前の情報が

的確に処理されてこそ可能です。

目指すものの手前で立ち止まった場合は

その場で深く探る必要があります。

からだの原理も同じと理解しています。



自己肯定感という概念が

高いハードルならば

まずは自己否定をやめること。


母としてダメでもなく

親から愛をもらえなかった訳でもなく

人としてダメでもなく。



それ以上を望まず、

ただひたすら

自己否定を否定する(笑)。

これならハードルさがりませんか?



からだ=心×身体×エトセトラです。
何から変わっても良い。
私は、治療家なので、身体要素のハードルを下げる技術を磨いていきます。
いがらしいつえ






人気ブログランキング





読んでからだに効くセルフケアシリーズです。


このブログをお読み頂きありがとうございます。
と、初めて書きます(笑)。




数ある書籍やブログから、

これをお読みの皆さんは、

今どのようなお悩みがありますか?


そのお悩みを解決すべく、

これまでにどのようなタイトルや内容の

書籍やブログに目を通しましたか?




前々から大きな疑問を抱いていました。

私の現実と

手に取る書籍が目指す理想。

この間に埋まらない何かがある。


ゴールはわかっているのに

そこにたどり着けなくて苦しい。





今までは、埋まらない何かは

自分がダメで

もっと努力して

その理想に近づけるように

励むことなのだと。

新しいアイテムを手に入れて

理想を目指すのだと。





視点をがらりと変えました。



現実と理想を埋めるもの。

まずあるものを認めることだと。




前を向けないのは、

自分に腹黒い感情や

深い悲しみや

不安や恐れがあることを。



ポジティブな感情が

自然に沸き起こるためには

ネガティブな感情が

否定されないことが大事。


これは、書籍やブログではなくて

実体験で得られたものです。

だから確信しています。


同時に確信していること。

この感覚に至るまでに

多くの人のサポートを受けました。

仕事仲間の治療もたくさん受けました。

クライアントさんから学ぶこともたくさんありました。

一人では無理でした。

関係各位を巻き込んで良い。

なんなら、はじめましての人にも

協力してもらえば良い。


前向きになるには

この覚悟もあると楽だなと思います。




そんなからだに
勇気と覚悟を注入します(笑)
いがらしいつえ




人気ブログランキング

読んでからだに効くセルフケアシリーズ

【からだ】=心×身体×エトセトラ

【からだ】=自分です。



女性はライフステージによって

様々な立場・肩書を持ちます。

【自分】でいられる時間よりも

母や妻、娘でいる時間が多い時期もあります。



どんな立場になっても

自分を大事にしてこそ

からだのバランスが健全に保てるのです。




自分を大事にすることは

母は特に後回しになります。


でも、お子さんに

障がいがあっても

学校でトラブルがあっても

不登校でも

教育費にお金がかかっても

塾や習い事の送り迎えが大変でも






ご自分のからだが健全であって初めて

子どもが健全に成長できる





ようです(笑)。
→これは私も実践中なので、断定では言えませーん。




なのでお母さん

一度からだをケアしてくださいませ。

そのあとに

母や妻、娘の立場を全うされてくださいませ。


きっとケア前のあなたとケア後のあなたの
言動は変わっています。
いがらし いつえ






人気ブログランキング


読んでからだに効くセルフケアシリーズ。


女性が、女性として人生を全うするときに、

様々な局面で向き合う課題をあなたがどう乗り越えていくか。

私は、これは究極のセルフケアだと思います。



同時に

何が何でも自分一人で乗り越える覚悟は全くいりません。



これまでの努力とは全く異なる方法



人の課題を背負わない。

ある【べき】姿を追わない。

人の力を借りても

自分のからだに集中すること。




読んで効くセルフケアシリーズでは、

この後押しをしていきたいと思っています。



女性は、

娘として生まれ

自分の人生を積み重ねながら

場合によっては妻となり

場合によっては母となり

あるいは役職を任せられ

親の主たる介護者となる。


このように立場が変わりながら

からだも変化し続けています。





目の前のやることに追われて

からだの声を聴くのが後回しになりやすい。



一度立ち止まり

ご自分のおからだに注目する。

そのきっかけになれたら幸いです。



からだ=心×身体×エトセトラです。
からだ=あなた そう、自分です。
いがらし いつえ



人気ブログランキング多くの方に読んでいただきたいと思います。クリックにご協力くださいませ。

読んでからだに効くセルフケアシリーズ。


このブログで用いる【からだ】

【からだ=心×身体×エトセトラ】です。




アンチエイジングという言葉がはやった数年前


年を取ることは悪なのか

と違和感を感じました。


エイジングケアの目標は

年齢を美しく重ねることだと思います。



それは外見も大事なのですが、

発想や、行動に現れると思います。



女性のからだは絶えず変化し続けます。



生理に向けて、小学校低学年から

からだは準備に入っています

更年期に向かって40前後から

からだは徐々に変化します。

同時に、社会的な役割も

絶えず変化しています。



私自身も子育てで直面したことですが

これまでの努力が全く通用しない出来事が続きました。体は変化しているのに、

思考パターンや行動方法が変化しないで、

そのまま突っ走ることは

体には大きな負担だと痛感しました。


そして、それらは

肉体を老けさせる行為だと

鏡は正直に教えてくれました(笑)。



女性のからだは変化し続ける。

その変化を受け入れて喧嘩をしないこと。

これがエイジングケアの目標かなと思います。



体を動かしと睡眠と、食事に、笑うこと、そして治療
これらを組み合わせていきたいと思います。
いがらし いつえ




人気ブログランキング
多くの方に知って欲しいと思います。クリックにご協力くださいませ。

復溜(赤)+内果尖
赤いシールが復溜です。

①位置
くるぶしペン+頂点シール
くるぶしのふちを確認して、くるぶしの一番とがったところを探します。

太ケイ(黄)+内果尖
水平位で緑のシールと同じ高さでアキレスけんのくるぶしよりに、太ケイというツボがあります。
黄色のシールです。たいていの人が少しくぼみがあります。

復溜(赤)+太ケイから2寸
太ケイから膝に向かって自分の指3本分。赤いシールがその位置です。

②道具
お灸 パイオネックス

③効能
照海(ショウカイ)の万能ツボとほぼ同じ役割があります。
自律神経を整える時や、免疫力を高める時に用います。

照海と異なるのは、復溜には《腎》の気を補う作用が強いので、深い慢性疲労や長い期間の疲労がある場合には、照海の代わりこのツボをお伝えしています。

なので症状としては、
産後の体調回復。風邪が長引いた時。慢性的な疲労。精神的な疲労・長期に及ぶ精神ストレス
骨盤の歪みにも用いるので、産後数年は用いることが多いと感じています。

また、不妊治療で婦人科に負荷がかかっている時も使用します。




いがらし いつえ


人気ブログランキングへ

照海シール
黄色のシールが照海です。

①照海の位置
くるぶしペン
くるぶしのふちをなぞります。

くるぶしペン+頂点シール+指一本
一番低いところからスタートして、親指一本分下におろして線を引きます。緑のシールはくるぶしの頂点です。


照海シールの半分
くるぶしの低いところと上で引いた線の半分くらいにあるへこみが照海です。

照海 内果尖から1寸で取る時
もしくは、緑のシールからスタートして、親指一本分下の取り方もあります(こちらが正式)。

どちらで取っても、ほぼ同じ位置にくるので、皆さんはお好きなほうで。


②道具
お灸・パイオネックス(いつか書きます)

③効能
万能ツボです。自律神経を整える時や、免疫力を高める時に使います。なので症状としては、
腰痛(ぎっくり・慢性・ヘルニア含む)・肩こり・寝違い・風邪の予防・治らない風邪・慢性疲労・精神疲労、ストレスなど

汗をかきすぎる、おしっこの出が悪い、むくみなど、水分の調整にも用います。


照海は大好きです!
いがらし いつえ


人気ブログランキングへ

三陰交 指4本 シール
青いシールが三陰交です。緑は内くるぶしの頂点です。

①三陰交の位置

くるぶしペン
まずくるぶしの形を確認します。
最初は消えるペンでなぞるとわかりやすいです。


くるぶしペン+頂点シール
くるぶしの骨の頂点を探します。
一番とがった場所です。だいたい真ん中になります。

三陰交  シール
緑のシールから上(膝のほう)に向かって自分の指4本分。
青いシールがその位置です。
指4本の場合は、爪から二つ目の節の幅が目安です。


②用いる道具
お灸 


③効能
流派を超えて、婦人科全般に用います。

生理痛・生理不順・排卵痛・赤ちゃん待ち・妊娠中。

特に安産のお灸として有名で、助産師さんから教わる方も多いようです。


靴下の跡がはっきりわかる、私のむくみは生身の人間ってことで(汗)
いがらし いつえ



人気ブログランキングへ

手ぬぐいとアロマスプレー


診断名がついているお子さんの依頼と、

状態での依頼と様々です。



結論としては、大人同様に

どんな状態でも、お悩みにでも対応しています。




少し説明していきます。


風邪や花粉症など短期的な症状

けが(骨折、捻挫)のリハビリ

側弯症

診断名のついた障がい

発達障がいや自閉症スペクトラム


など。


頭痛が起きやすい

夜尿症

など、身体的な症状がある場合など。




不安感が強い。

いじめに苦しんでいる。

不登校

など、漠然としているけどつらい状態。


いじめ、不登校は、初期の対応が重要です。
初期に治療をしろと言っているのではなくて、
解決に向けて早く動いたほうが良いということです。



・「対応している」=「治る」ではありません。
・お子さんのみの治療も可能ですが、お母さんの治療も提案する場合があります。




お子さんの治療は、気診ナビをメインで行います。
治療以外で気を付けることを本人と、お母さんにお伝えします。



良ければ、このカテゴリーをお読みくださいませ。
いがらし いつえ




人気ブログランキング多くの方に知って欲しいと思っています。クリックにご協力をお願いいたします。