FC2ブログ

治療は芸術(art)である。

恥ずかしげもなくいうと

私の治療への目標でもあり、信念でもあります。



治療は、クライアントさんとの共同作業です。

私は、受け取った情報を整理してお返しするだけ。

おからだの主人公はクライアントさんです。

どのタイミングで、どの方角に向かって

どのようなスピードで進めていくかは

クライアントさんに決めてもらいます。

何をもって治療が成功・失敗となるかは

判断が難しいのですが、

クライアントさんの選択を

サポートし続けるのが役割だと感じています。





この共同作業、

うまくいかないことがあります。

クライアントさんがご満足いただけないときは

私の力足りないときや相性だと思うので、

仕方ない。精進します。


ごくごく稀に

私が、この作業ができないと思うことがあります。

【わかって欲しい・認めてほしい】という気持ちが

強く出ている場合です。

理解を求める相手が、

本当に私ならば向き合う必要があるのですが、

ご本人も、求める相手が誰なのかわからない場合、

そして、私がその奥の情報が得られない場合です。


これは、お互いの距離感

不可侵領域の設定がずれているときに起きると

仮定しています。

なので再び「精進します」なのですが、

どうしても、お互いにとって

エネルギーが循環せずに

消耗のみになる場合は

こちらから中断を提案することもあります。


このような時、

どちらも悪くはありません。

タイミングと相性の問題なだけです。

芸術は、好みが分かれます。

同じ原理と思ってくださいませ。



いがらし いつえ


人気ブログランキング

前回、治療とカウンセリングは異なることを書きました。


誤解してほしくないのは、

話を聞くのは、大好きです!


特に治療を通して聞くことは

全く苦になりません。


もちろん眠っていただいても構わないし、

必要ならば、治療後に話だけ行います。



私は、治療を通して会話で

無形文化財のような美しさを感じることがあります。





わからないだろうな、この感覚(笑)。




でも、多くのクライアントさんと

何度も作り上げてきました。

だから、わかる人たちもいる(ハズ)。


そして、このことが私の治療の特徴でもあります。

それを、他人に伝えるときに

スピリチュアル的なとか

占いとかみたいと伝えざるを得ないのも

やむを得ないのですが、

私は、やはり治療を通してしか

この感覚に至らないので、

治療という手段は必須です。



不思議なのですが、

クライアントさんとのやり取りに

美しさを感じ

十分満足しているので、

治療をしていない時間での

お悩み相談が苦手になってきました。

ただ聞くだけはエネルギーを消耗します。




そして治療を介しての会話で

心が十分満たされるので

人付き合いが悪くなりました(笑)。

と、書くと、私がまるでクライアントさんのエネルギーを
吸い取っているかのようですが、治療も会話も相互作用です。
いがらし いつえ





人気ブログランキング


手ぬぐいとアロマスプレー
現在子育て真っ最中でございます。


☆営業時間
出張先にもよりますが、平日の9時から15時スタートが中心です。

ただし、お仕事をされいる方のご依頼の場合は、個別にご相談を頂いています。

お気軽にお問合せくださいませ。



☆キャンセル
当日であっても移動を開始していなければかかりません。

ただし、移動を開始いていた場合は、出張料金を、

治療を開始していた場合は、治療料金全額を頂いています。


☆言語
母語が日本語ですが、英語とドイツ語も意思疎通は可能です。




大変申し訳ありませんが、子供たちの体調や不慮の事故などで、こちらからキャンセルする場合があります。子育て中の母としてご理解をお願いいたします。



よろしくお願いいたします。
いがらし いつえ



人気ブログランキングへ

気診ナビ
気診ナビのご案内。最新版です。
この写真のボードを用います。
怪しいですよね。ちゃんとご説明します。


東洋医学は、気の存在が大前提の医学ですが、

気の流れは目に見えません。

気診ナビでは、このボードを用いることで

気の流れをボードに投影して

東洋医学的に処理する方法です。

 
治療の対象は、人体の内側と外側をとりまく邪気です。

邪気は「邪悪」でも「悪い気」でもありません。

「体の調和を乱した気」のことです。

よって邪気を治療して体の気を整えて

気の体を元気にして、体の機能回復を目指す治療です。



写真のA4サイズのボードと、

専用のオイルかクリームを用います。

ボードに人体の気の情報を取り込みます。

この時に、人体の気の流れとボードの気の流れが重なります。


ボードには、おからだの状態が投影されます。

風邪、アレルギー、ストレス、癌、貧血なども

情報として読み取ります。

同時に経絡の状態も知ることができます。

そこで、からだを整えるのに

どの場所で、どの経絡を、どう治療するかを調べます。

ここまでが決まれば、ボードで処理できます。

ボードの気の流れがきれいになれば

体の気の流れもきれいになる。



以上が、考え方と治療の仕方です。






鍼灸師の先生が考案した手法です。
東洋医学の奥深さが、大変でもあり、わくわくでもあります。
いがらし いつえ




人気ブログランキングへ

新規のご依頼がありがたいことに続いています。

ご紹介や口コミがとても多いのですが

ご紹介の有無問わず、

受けてみたいと思われたなら、

右端のメールフォームよりご連絡くださいませ。




毎度思うのです。

他の方に説明しにくいだろうなーと(。-_-。)。

治療なんだけど、体の症状なんだけど、

悩みが何でも大丈夫だし

なんでも答えるし(「わからない」とも答えます)。

いがらし いつえは何者なのだ?と。



私自身ははっきりしています。

私は東洋医学を研究する治療家です。

国家資格的には鍼灸マッサージ師です。


東洋医学は、

自然観察から発展した思想がベースです。

古代の思想は、

医学も自然科学も哲学も含みました。

東洋医学は渾然一体な思想がベースと言えます。

なので、カウンセリング的な要素もありますが、

それがメインではありません。


私の治療も、

会話はメインなようでいて

副え(そえ)です。



私は、おからだが

本来の状態に戻ることに集中しています。


そのために、体にふれます。

様々な情報を受け取り、

整理しておからだを整える。

会話はその一つの手段です。

たくさんお話してください。

どのタイミングでも大丈夫です。




でも

私はおからだを整えるのがメインの仕事です。




話すならこちら☆気持ちと向き合う勇気をもらえます











説明の手間が省けるようにこのブログ始めました。
試行錯誤早数年。ブログの研究はいつも後回し(;^_^A
いがらし いつえ




人気ブログランキング

20170604225630648.jpg
治療しているのは、体の中と外をとりまく気の流れです。目に見えない気の流れを、見えるように概念化して、東洋医学的な手順で処理します。


東洋医学は、学べば学ぶほど奥深い世界だと感じます。東洋医学が、自然界の法則を注意深く観察するところから発展したことが大きいのかもしれません。目指すは気の流れが球体のような形で、スムーズに流れること。この形に持っていくために、様々な場所の気の滞りを整えていきます。


おからだを整える過程では、何(東洋医学でいうとどの経絡)が滞り、原因は何かを考えていきます。それが治療なのですが、私はこの過程で、様々な情報を受け取ります。その一つにおからだの特徴があります。例えば、このおからだは賢いなーとか。ピュアだなーとか。知性のかたまりだなーとか。お優しいのだなーとか。何やってもかわいいなーとか。スゲー、面白いっ!とか(笑)。このようなおからだの情報を受け取るのが、私が私ゆえんの特徴です。(注なので、スピリチュアルとか、イタコとか、占いとか言われてしまいますが、私は治療を通じて得られた情報を、ただ純粋に感じ取っているだけです。オーラは見えません。)


おからだを変えていくのはクライアントさんご自身です。でも、そのお手伝いで私が関わるので、私は私が感じた情報を大事にしています。私は、依頼で受けたお悩みや症状に応えることが一番大事にしていますが、その先の長期的な目線も大事にしたいと感じています。それは、私がクライアントさんに提案する、そのおからだの目的だからです。



例えば「賢いおからだは賢さを発揮したほうが良い。そのために今のお悩みや症状を解決する」。この前半の認識が入ることで、クライアントさんのやる気スイッチが入りやすい。私は、おからだで得た情報をきれいに整えてお返しするのが役割なので、たとえその賢さが、その時点のクライアントさんにとってコンプレックスや劣等感を引き出している部分であっても、前を向く要素にして伝えたいと感じています。


出張治療を開始して間もなくまる5年になります。この間、きれいな人は美しさを保つ努力が必要で、賢い人はその賢さがクリアになるためのからだ作りが必要で、愛情深い人は、愛を太くするための整理が必要でした。持っている才能を開かせ発展させるために、今の状況をどう整理していくか。


そして私自身は受け取った情報をどう還元するか。私の思考はどのような立ち位置であることが望ましいのか。私もずっとからだを作り続けたいなと思います。



治療家として磨けば磨くほど、日常のできないことのギャップも目立ちます。クライアントさんの家では必ず何かを忘れてくるし、忘れ物あるし、迷子になる。。。。。人間だもの(と開きなおる)
いがらし いつえ



人気ブログランキング







気診ナビ
気を診て治療することに特化している、気診ナビ。ベースは東洋医学です。

現在、このスクールが東京でも開催されています。
どなたでもご参加できます。
今期は、治療家さんもお母さんも、学生さんもおられます。
アシスタントも兼ねて参加していますが、毎回新鮮です。

スクールでは、自分で自分の治療をして
練習を重ねていきます。
なので、専門家でなくても学ぶことの成果を体感できます。
開発者の先生は鍼灸師です。
一人一人回りながら、出来具合をチェックしてくれます。


ここに書きたいのは、スクールの宣伝ではなくて(笑)
(でもご興味ある方はフォームからご連絡ください)


この出来具合に一つの仮説を立てたことです。

先生のチェックを受けて、次の項目に行くときに、
スムーズにいく方と、いかない方がおられます。
その差に、お子さんの有無があるような気がしています。
それが私の仮説です。

子どもがいるだけで、治療が滞るのはなぜか?
母の母たる故の何かが大きく関連しているのかなと思いました。

そして、それは具体的に何なのでしょう?

私自身子育ての渦中ですので
客観的に把握し切れる自信はありませんが、
母が、母として無意識に背負う責任感や罪悪感、
努力や葛藤や不安感、そして子供への執着。
一言でいうと母としての悩み
これが、気の流れを滞らせているのではと思いました。
そして治療のみならず、母としての悩みは、
その人の人生全てのことにつながるのでは?
と感じたわけです。



となると、母って奥深い立場だなと。

子どもの年齢は関係ありません。
生まれた時から成長過程で
それぞれの段階で新たな悩みが生じます。
成長することで緩和できるものもあれば、
成長過程で増す悩みもあります。

悩みが堂々巡りだと、
からだを巡る気の流れにも影響を与えて
病や体調不良につながる。

これは人間の病の本質の一部です。

母になることは、おのれの問題に加えて
分身の子供の分までも
背負いやすくなるので
悩みの渦が大きくなるのだと思います。

母としての悩みが、
どのように整理できれば
お母さんが一人の人間として
生を全うできるのか。



整理できるし、手放せることはわかっています。
結論は見えているので、
あとはどのように目指すか
私自身のためにも探ってみようと思います。
いがらし いつえ





人気ブログランキング
実家のびわは小粒ですが、おいしいです。