いじめの最大の問題は

生きて成長することをためらうほど

尊厳が踏みにじられることにあります。


誰かを悪者にして

その場をうまくまとめようとする。

その流れは当事者が止めるのは本当に難しい。

しかし、この流れに乗る義務は、あなたにはありません。


だからね、

自分が謝れば済む

自分が変われば済むは

論点が全く違う
のです。でも、それをするでしょ。


全ての場面で突っぱねろと言うのではなくて、

実際の線引きはとても難しい。

では知っておいてください。

あなたには、

嫌なものは嫌だという権利と

人生から多くのことを学び成長する権利があります。



傷ついた心を先送りすると

この権利が全うされません。

その結果、あなただけでなく

あなたのお子さんや

そのまた影響を受けたお孫さんなど

代々にトラウマが起きることを。


それは被害者を繰り返す場合もあれば

加害者側にもなりうることを。



傷ついた心は

自分や家族、周りを攻撃するエネルギーになります。

なので、ためない。先送りしない。

自分のために。

あなたの大事な人たちのために。



向き合ったときに得られる自信はあなたのものです。応援しています!
いがらしいつえ

※なお、大変申し訳ありませんが、治療依頼を除いての個別のご相談にはお答えしていません。また、ご意見をいただきましても個別にお返事できかねますので、あらかじめご了承くださいませ。



人気ブログランキング
多くの方に読んで欲しいと願っています。クリックにご協力くださいませ。





ドイツドーム3
先日ここを訪れた方と会話。
やっぱりケルンの大聖堂は、エネルギーが大きいようです。



クライアントさんは、様々なお悩みで依頼をされます。

お体がなぜそのようなお悩みを抱えてしまうのか

治療を重ねて掘り下げていきます。



その答えが純粋に東洋医学の話で理解できる場合と、

違う話で理解する場合もあります。


あるクライアントさんの話をします。

私のおからだへの見立ては大きく4つ。

①産後で体力と気力が消耗している
②全体を見渡せる能力がずば抜けていた
③その方にはない能力と感覚を鋭く持つ人と深く関わった
④問題解決のキーパーソンがこのお二人だった


治療家としては①の改善に協力することに尽きます。

でも。

悩みの本質には②から④の整理も必要でした。


治療を進めていくと、その方の本質をキャッチする瞬間があります。

スピリチュアルでも霊性でもなく

原始的な感覚(直感)に近い感覚できます。



この時に、私なりに解決に向かう糸口が見えてくるのですが、

共通していることがあります。


『その人が持つ能力や特性をひたすら受け入れること』です。





きれいな人は、きれいな人でいるための努力。

聡明な人は、聡明な人でいるための努力。

賢い人は、賢さをさらに磨くための努力。

影響力が強い人は、その能力を健全に使用するための努力。


夜更かしや暴飲暴食は美人の大敵。

人の悪口や自分の大変さを言うのは、聡明さの妨げ。

賢い人が掘り下げすぎると、賢さが浮きすぎる。

影響力を自己賛美の画策手段に使わない。

能力や特性には陰陽の二面性があります。

私は、その特性で前を向ける面に注目します。

それはその人の持つ素晴らしさです。

よって、その特性を認識して成長させるために、

改善したほうが良いこともお伝えするのです。

しかもその内容は、

覚悟と勇気と決断を求めます。

そのような能力を持っているのだから『しょうがない、がんばれ』です(笑)。

お体には治療をしながら何度も何度も伝えていきます。



悩みに対しては様々な解決方法があります。

どのような方法をとるにしても、

『解決する』という覚悟が必要なんだなと、

皆さんから学ばせていただいております。



自分の特性は、わからない(笑)。
いがらし いつえ




人気ブログランキング