妊活さんのセルフケアで

生活習慣に焦点を当てると

睡眠の改善をよく提示します。

「本気なら寝てください」と。


でも、実際はやりたくても難しいケースもたくさんあるんですよね。

なので、一つを完璧よりも出来ることを少しずつ。

そのために、次善策を一緒に考えていきます。



肝のオーバーワークや興奮を抑えるために

コーヒーをやめたりチョコレートや刺激物をやめる。

どうでしょう、これもブレーキかかりますか?


あるいは、夜に食べる時間を今より早める。

これならどうでしょう。


要は体の回復を目的に

日常で何気なく選択している習慣を

見直すことです。



コーヒーとチョコレート。

カフェインというよりはコーヒー。

なぜか、脳の疲労が濃くなる食品です。

ごめんなさい、なぜかはわからない。

でも、ストレスがある場合や、頭がすっきりしない場合は

この二つがNGになりやすいです。



妊活さんは、睡眠の質が落ちている場合が多い。

睡眠の質が落ちていて、脳がクリアな人をまだ見たことがない。

なので、妊活さんにもコーヒーとチョコレートはNGと伝えます。


刺激物や、夜遅くの食事。

これは、体の仕組みと絡みます。



人間の体は、一度食べ物が口に入ると

消化器系はずっと動き続けます。


夜間は副交感神経が優位になって

消化にも良い時間なのですが、

夜間は同時に体全体の回復にもベストタイムなんです。



でも、消化する量が多かったり、刺激物が体内に入ると

回復に必要なエネルギーが消化に分配されてしまう。


なので、回復が不十分で翌日を迎える。

すると、せっかく寝ていても睡眠の質が下がるのです。




で、これって別に妊活さんでなくても

中高年の男性サラリーマンでも同じなんです(笑)。

でも、妊活さんにはやぱり理解してほしい。


これらを守って改善したからって

必ず授かるとは言い切れないのが

こちらの弱点ではありますが、

本気で授かりたいなら、目を向けてほしいなと

願っています。


やれることをやれる範囲で。
ストイックになるのもまた違う。加減が難しい。
いがらし いつえ


人気ブログランキング







三陰交 指4本 シール
青のシールが三陰交です。


三陰交  シール
くるぶしの中央(緑のシール)からあなたの指4本分上です。

お灸は広いエリアをカバーするので
だいたいの位置で大丈夫です。
正確な位置よりも続けることが大事。


体外受精などの高度生殖医療を受ける場合、

排卵誘発剤やピルなどを使用します。

これってけっこう子宮を酷使するんですよね。



私が治療で妊活さんのおからだを診るときは

必ず子宮の硬さや温かさをチェックしますが、

体外受精を計画しているおからだは

子宮が硬いなとよく感じます。



東洋医学の治療家の中には、

東洋医学での妊活をする場合は

西洋医学の人工的な治療をしないで欲しいという先生がいまが、

これは東洋医学が

子宮を柔らかく、温かい状態に回復させることが主眼になるときに

西洋医学的な処置で子宮に負荷がかかり

治療方針がぶつかるためと思います。




私自身は、赤ちゃんを授かるために

やれることをやってみたいというお気持ちは

自然な気持ちだと共感するので、

体外受精を計画されている場合は、

その条件下で子宮を最大限に回復させることに集中します。



でも、その時にしつこくお灸を進めます(笑)。

私の治療は、妊活であっても

なるべく間隔をあけられることを目指します。

だって週2回とかは経済的にも大変だから。

しかも、体外受精の場合は

クリニックや病院への通院も不規則だから。

お灸はお財布にもスケジュールにも優しい。

よって、お灸のメリットをテレホンショッピング並みに言います。



原則三陰交です。

体外受精で硬くなった子宮が柔らかくなります。

その感覚は私にしかわからないかもしれませんが


クライアントさんも生理のトラブルが減ることで

効果が自覚できると思います。

高度生殖医療の世界では

コンマ数パーセント上げるオプションがあるらしいですね。

残念ながらお灸での数値データは示せませんが

経験則として、婦人科に効果的なのはわかっています。

良ければ積極的に(笑)、お試しくださいませ。


いがらし いつえ



人気ブログランキング




妊活専門ではありませんが

妊活中の女性のからだも多く診ています。

30代後半から40代の方々が多いのですが、

私がからだの状態から

セルフケアをアドバイスするときに

ほぼすべての妊活中の方に

睡眠の質を取り上げることに気づきました。

なので、逆に言うと妊活中ならば

寝ることが大事だと思います。



言いたいことはこれだけ(笑)。
でも少し根拠を述べていきますね。




東洋医学的には

子宮は肝のグループに属し

卵巣は腎のグループに属します。

肝は肝臓が含まれますが、活発に動く時間が

午前1時から3時とされています。

この時間に熟睡していることで

肝臓の修復そして

肝のグループの修復が活発になるわけです。

午前一時に熟睡。

これを目指すと11時ごろには

寝る方向で動いてほしい。



妊活のからだを診ると、なぜか

肝のオーバーワークになっている方が実に多い。

生理周期や、生理痛、出血量に

なにかしら異常があれば肝が出ます。




同時に年齢的にライフスタイルが、

夜間遅くまで起きることが多いからかもとも推測します。

お仕事が遅くまでだったり

ご主人の帰りが遅く待っていたり。


となると、このライフスタイルを変えることが

とても難しいと悩まれる方々も多いんです。

んー、気持ちはわかるんですよ。だから私も悩む。



でも可能な限り肝を労わるために

まずは知って欲しい。

高度な医療を伴う妊活なら

可能性をコンマ数パーセント上げるためにも

早めに寝ることが有効かと思います。


で、次回は次善策を。

いがらし いつえ

人気ブログランキング

先日クライアントさんから

高度生殖医療機関の看護師さんが

鍼灸治療を肯定的に捉えている話を聞きました。

嬉しくなると同時に、

生殖医療の医療関係者が

東洋医学をどうとらえているのか知りたくなりました。



妊活の時って、まずはいろいろ検査をしますよね。

その結果、おそらくこれが原因で授かりにくいなどの

結果が出てきます。


例えば卵管が詰まりやすいとか

子宮筋腫などの原因と考えられる症状を言われる。

だから、その具体的な対策を施す。


でも、私の経験から正直に言うと、

〇〇だから赤ちゃんができないという話は

東西の医学問わずに、

確定ではないと感じています。


授かるときは授かるし

授かれないときは、なぜか授かれない。

そこは高度生殖医療下でも同じです。





例えば、腎虚。

妊娠可能な年齢で腎虚が出ると

子宮が正常に整う以前の問題です。

全体の疲労が濃いと捉えます。

だから、腎虚の時は授かりにくいなと思っています。

でも、授かれる方も出てくるわけです。

こちらの心配をよそに

経過が順調で出産子育てをされています。

そうすると、「いやー、不思議ー」と思う。


西洋、東洋問わず、妊活では

〇〇が理由で授かれないと仮定して

アプローチしていきます。

いくつか要素がある場合は

治療効果が高いと思われる順で

改善をしていきます。



東洋医学では細かい話であっても

からだ全体の症状を捉えながら

婦人科の状況が、全体の影響を受けているのか

全く別物なのか見極めて治療を立てていきます。

とは言っても、婦人科の状況は

原則として、からだ全体の症状と連動しているので、

からだ全体の症状の一部として治療を続けます。

セルフケアではお灸。

あるいは生活習慣の改善。

お灸は婦人科の改善を狙う場合と

からだ全体の回復を狙う場合とあります。

生活習慣では避けたい内容に目を向けます(笑)。


で、これをやっても絶対に授かるとは言い切れないけど

東洋医学は基本的な生活や現在の体調に踏み込むので

妊活に結果を出せるかは別として

からだの改善には確実につながります。

これは仮説ではなくて断定できます。




いがらし いつえ



人気ブログランキング


ドイツ花4
薔薇って美しいけど、とげがありますよね。
美しさととげを兼ね備えた女性って素敵だと思います(笑)。


先日妊活中のクライアントさんと話していて、

私の脳が大変刺激を受けました。

クライアントさんとの会話は本当に勉強になります。



私が治療を学び始めた時と比較して

不妊治療を掲げる治療院が多くなりました。

それだけ妊活の一環として、

東洋医学の認知度が上がったのだと感じています。



私自身も、妊活のクライアントさんがおられます。

しかし、私は妊活専門ではありません。

私のクライアントさんは出産後のお母さんが多いのですが、

独身の女性も、お子さんがいない女性も、

ご高齢の女性も、お子さんもおられます。

その方々と接するとやはり思うのは、

妊活期間は、ライフステージの通過点だということです。



妊活の一環として依頼があるわけですから、

子宮、卵巣を中心とした婦人科の状態と

改善方法は当然丁寧に探ります。

だから、おそらく不妊専門の鍼灸院と

やっていることは同じと自負しています。


そもそも東洋医学は

なんでも屋さんだったと想像しています。

〇〇専門と言うようになったのは

戦後、しかもここ最近の話ではないかしら。


クライアントさんが風邪をひけば風邪を。

腰が痛いと言えば、腰痛の治療を。

ストレス、産後鬱など

どのような症状を訴えられても

東洋医学は証(ストーリー、仮説)を立てて

対処することが可能な医学です。


だから、その視点で見たら、妊活も一つの状態であり、

でも風邪を引いていたら、

免疫力が低下しないように風邪の治療が最優先になる。

腰が痛ければ、子宮や卵巣と関連性がないか診る。


やっぱり私は、どのようなライフステージであっても

どのような症状であっても

「ああそうですか、はーい。」と対応していきたいなと

改めて感じています。



あ、それでですね
結論としては、何はともあれ三陰交にお灸です!
いがらし いつえ



人気ブログランキング